WHALE HOUSE(ホエールハウス)

WHALE HOUSEの施工事例

WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例 大開口で自然と一体化できるくつろぎ空間
引用元URL;https://www.whalehouse.co.jp/project/自然と共に家族みんなが大きくなる、薪ストーブ/
WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例 ”日常感”のない遊び心をプラスしたキッチン
引用元URL;https://www.whalehouse.co.jp/project/ファミリークローゼットが作り出す、暮らしやす/
WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例 家族が思い思いに過ごせる優雅な”セカンドリビング”
引用元URL;https://www.whalehouse.co.jp/project/家族が集う-「セカンドリビングのある家」/
WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例のサムネイル画像
WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例のサムネイル画像
WHALE HOUSE(ホエールハウス)の施工事例のサムネイル画像

WHALE HOUSEのデザイン住宅とは

1わくわくする「余白」から生まれる感動

ホエールハウスのデザインは、あえて使い道を決めない「余白」の空間を設けたものである。はじめから使い道を決めないことで自由な発想が生まれ、家族がわくわくしながら使い方を考えることができるのだ。年月が経って家族の状況が変わった時、この「余白」は、趣味スペースとして利用したり、リビングを広くして使ったりと、住む家族に合った使い方ができるのである。そこに住む人にとって暮らすことが楽しくなる家づくりが理想だと語っている。

2強い躯体で仕切りの無い開放的な大空間を実現

自由度の高い空間を実現できるのは、SE構法という耐震にも強い構法を作用しているからである。SE構法は100年後も同じ強さを持つ独自の金属を採用している重量木骨造で、柱と梁を接合する「筋交い」と呼ばれるつっかえ棒を使わず強度を保つ。それにより、柱や壁が少ない大空間光が差し込む大きな開口窓気持ち良い吹き抜けなどの空間設計が可能になるのだ。
「開放的な空間の家」と「地震に強い家」を両立するものと言える。

3デザインだけじゃなく、心地よさも追及

家を作るうえでデザインは非常に重要な要素であるが、デザインを突き詰めすぎて寒さや暑さ、使い勝手の面での満足感が得られない場合があってはいけない。しかし、ホエールハウスではデザイン性はもちろんのこと、エネルギーを自給自足しながら快適に過ごせる「ZEH」や長く安心して住める国のお墨付きである「長期優良住宅」なども取り入れ、住まいの心地よさも機能面から追及している。

WHALE HOUSEの口コミ・評判

バランスがいいだけでなくお洒落な雰囲気やセンスの良さを感じ、重要なポイントを全て満たしていたので信頼し決めました。

参照元:https://www.whalehouse.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/05/T様邸アンケート-1.pdf

自分達が思い描いていた理想通りの家を手に入れることが出来ました。それも私たちの感性まで理解してくれたからです。

参照元:https://www.whalehouse.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/10/K邸アンケート.pdf

WHALE HOUSEの断熱性(高気密、高断熱)への取り組み

家族が快適に暮らすために必要なものは、体感温度と言われている。この先何年も暮らす家が快適で満足のいくものにするためには、暑い夏でも涼しく、寒い冬でも暖かい、そんな室内環境を作り出せるよう意識をすることがとても重要である。ホエールハウスでは、快適な温度のために、発砲ウレタンなどを使用してこの先何年も変わらない断熱性能を保ち、また、ほんの小さな隙間も見逃さない非常に断熱性・気密性の高い住宅を提供できているのである。

WHALE HOUSEの地震、火災、水害などへの取り組み

日本は地震の多い国なので、家づくりに必要不可欠な要素は家の耐震性能と言える。
ホエールハウスでは、どんな地震にも耐えぬく強さが必要で、それが基本であると考えている。そのため、阪神淡路大震災の経験から生まれた耐震構法である「SE構法」を採用している。この構法は、日本で初めて国土交通大臣の認定を取得し、1邸ごとに構造計算が可能な耐震システムなので、耐震性能を数値化し、強さの根拠を数字で見ることができるのである。大切な家族と暮らす家の安全性に根拠があることで、いつ起こるか分からない地震に対する対策をしながら、安心して暮らせるのである。

WHALE HOUSEのお客さんへの取り組み

WHALE HOUSEではより良い住まいづくりのためのセミナーや、モデルハウスの見学会など、定期的にイベントを開催している。セミナーでは住宅ローンの資金計画についてや、理想の住宅を実現する土地の選び方、耐震構造の落とし穴など、住まいを構えるにあたってとても有意義な内容だ。「リアルに体感する」ことをコンセプトに、「絶対に知っておいたほうが良い話」を一人ひとりに直接届けたいというのがWHALE HOUSEの考えだ。

モデルハウス見学会ではお菓子と挽き立てのコーヒーを楽しみながら、まるで友人の家に遊びに行ったような感覚で体験でき、そのほか「竹あかり作り」など、子どもと一緒に参加できるワークイベントなども行っている。WHALE HOUSEは、まさに「体感できる」イベントが豊富だ。

WHALE HOUSEの環境への取り組み

ゼロエネルギーハウス

WHALE HOUSEでは自然エネルギーを有効に活用し、消費エネルギーを自らで補う「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」に力を入れている。ZEHを実現するには、建物自体に気密性・断熱性が備わっていることが重要で、その上で太陽光発電などの再生可能エネルギーを取り入れ、年間に消費するエネルギーの収支をゼロに近づけるのだ。国はZEHの普及を促進したい考えで、ZEHの基準を満たす住宅には、補助金交付制度を設けている。2018年時点の国による補助金は70万円、WHALE HOUSEではこの70万円を有効に活用し、顧客の満足度を高める提案を行っている。

長期優良住宅の認定を取得

WHALE HOUSEで施工した住宅は、全棟「長期優良住宅」の認定を取得している。長期優良住宅認定制度とは、古くからの「新築至上主義」から、良いものを修繕し長く使い続ける「長期優良住宅(資産価値を維持する住宅)」を広めようとする政府の施策だ。この認定を取得することで、新しい考えを浸透させたい政府から、税金やローンなど様々な優遇措置が受けられるということだ。もちろん長きに渡って優良な住宅であることが大前提で、耐震性・耐久性に優れ、メンテナンスしやすい住宅でなければならない。WHALE HOUSEでは、この「長期優良住宅」の認定基準を全棟において満たしている。

WHALE HOUSEのモデルハウスを紹介

神戸桜の杜モデルハウス

WHALE HOUSEのモデルハウス01 住宅街にありながら、自然に包まれる心地よさを実現
引用元URL:https://www.whalehouse.co.jp/model-house/
WHALE HOUSEのモデルハウス02 ボルダリングの壁など、ワクワクするような「遊び心」がいっぱい
引用元URL:https://www.whalehouse.co.jp/model-house/
WHALE HOUSEのモデルハウス03 家族と過ごす時間をかけがえのないものにする工夫
引用元URL:https://www.whalehouse.co.jp/model-house/
WHALE HOUSEのモデルハウス01のサムネイル画像
WHALE HOUSEのモデルハウス02のサムネイル画像
WHALE HOUSEのモデルハウス03のサムネイル画像

モデルハウスのコンセプトや特徴

WHALE HOUSEのモデルハウスは、「ゆったりと自分たちらしく、趣味と寄り添い暮らす」をコンセプトにしている。ボルダリングができる壁や、ハンモックで寛げるウッドデッキなど随所に「遊び心」が感じられ、住宅地に位置していながらも、まるで山小屋にいるかのような自然を感じられるのが特徴だ。

神戸桜の杜モデルハウスの基本情報

  • 所在地:兵庫県神戸市須磨区桜の杜2-12
  • アクセス:神戸市営地下鉄「妙法寺駅」より徒歩約15分
    阪神高速「妙法寺」I.C.から車で約5分
  • 営業時間:10:00~17:00

WHALE HOUSEの会社概要

所在地 兵庫県神戸市中央区磯辺通3-2-17 ワールド三宮ビル3F
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日・日曜日・祝日
所有資格 一級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター
保証やアフターサービス 20年保証制度
住宅デザイン受賞歴があるデザイン住宅会社3選【神戸編】

囲炉裏・薪ストーブのある暮らしデザインコンテスト最優秀賞(第二回)

WHALE HOUSE
WHALE HOUSEの施工事例
引用元:WHALE HOUSE公式Instagram(https://www.instagram.com/whalehouse_kobe/)
保証 20年
坪単価 60~80万円

グッドデザイン賞
2015、2016年度

L.D.HOMES
ラブデザイン
L.D.HOMESの施工事例
引用元:L.D.HOMES公式サイト(https://www.ldhomes.jp/interior/5863.html)
保証 10年
坪単価 要問合せ

グッドデザイン賞2017年度

フリーダム
アーキテクツ
フリーダムアーキテクツの施工事例
引用元:フリーダムアーキテクツ公式サイト(https://www.freedom.co.jp/architects/case486/)
保証 10年
坪単価 50~100万円