神戸のデザイン住宅のテイスト別gallery[施工事例]

モダンテイストは、スタイリッシュで機能的なデザインである。好みにあわせて明るい雰囲気やシックな雰囲気にコーディネートすることができ、敷地の広さに関わらず採用しやすいテイストである。

和モダンテイストは、スタイリッシュで機能的なモダンテイストに和の要素をプラスしたテイストである。モダンテイストのように無機質な感じではなく、和の心を感じられる温かみのあるテイストである。

クラシックテイストは、ヨーロッパ調の古き良きデザインを採用したテイストである。柔らかく上品な雰囲気から、重厚感のあるシックな雰囲気など好みにあわせてコーディネートすることができる。

カジュアルテイストは、シンプルでありながらも明るい雰囲気のテイストである。カジュアルテイストも明るく上質な雰囲から重厚感のあるシックな雰囲気まで好みによって選ぶことが可能だ。

クールテイストは、おしゃれでカッコイイ雰囲気のテイストである。グレーや黒などシックな色遣いが特徴であるが、あわせる家具との調和を考えながら、無機質な雰囲気に仕上げるとクールっぽさがより際立つだろう。

エレガンステイストは、ヨーロッパ調の上質で上品な雰囲気のテイストである。白を基調としたデザインが多いが、直線的なデザインでも流線的な柔らかいデザインでもどちらでもマッチするデザインである。

アジアンテイストは、東南アジアやバリ島などをイメージしたデザインである。麻や籐、竹などを使い、素朴でほっと落ち着くようなコーディネートがおすすめである。配置する家具やカーペットによっても大きく雰囲気を変えることができる。

リゾートテイストは、海外のリゾート地にいるような雰囲気のデザインである。地域によって雰囲気が異なるため、どこの国のリゾートテイストが良いかを決める必要がある。日常を感じさせないすっきりとしたテイストである。

ヴィンテージテイストとは、古き良きアメリカをイメージしたテイストである。どこか男性的で雑然とした雰囲気を持つため、男性のファンが多い。しかし、レンガなどをポイント使いするだけでも、少しだけヴィンテージテイストをプラスすることも可能だ。

アンティークテイストとは、主にヨーロッパ調の古き良きデザインを指す。アンティークならではの気品あふれる雰囲気が特徴的で、どこか懐かしく温かみがある。明るく上品な雰囲気や、シックで重厚感のある雰囲気など好みにあわせて変えることができる。

シャビーシックは、使い古したという意味を持つ「シャビー」と上品という意味をもつ「シック」が合わさった造語だ。使い古してペンキが少し剥げてしまったような家具を配置することでグンとシャビーシックらしさをアップできる。

住宅デザイン受賞歴があるデザイン住宅会社3選【神戸編】

囲炉裏・薪ストーブのある暮らしデザインコンテスト最優秀賞(第二回)

WHALE HOUSE
WHALE HOUSEの施工事例
引用元:WHALE HOUSE公式Instagram(https://www.instagram.com/whalehouse_kobe/)
保証 20年
坪単価 60~80万円

グッドデザイン賞
2015、2016年度

L.D.HOMES
ラブデザイン
L.D.HOMESの施工事例
引用元:L.D.HOMES公式サイト(https://www.ldhomes.jp/interior/5863.html)
保証 10年
坪単価 要問合せ

グッドデザイン賞2017年度

フリーダム
アーキテクツ
フリーダムアーキテクツの施工事例
引用元:フリーダムアーキテクツ公式サイト(https://www.freedom.co.jp/architects/case486/)
保証 10年
坪単価 50~100万円